善意銀行

善意銀行って

誰もが自分の幸せを願うとともに、社会のために少しでも役に立ちたいという温かい心を持っているものです。
しかし、このような気持ちが心の中に埋もれたままになって、善意の心をどのように表したらよいか分からない人も多いのではないでしょうか。
養父市善意銀行は、こうした皆さまからの温かい善意の気持ちを金銭や物品として預かり、在宅や地域社会などで必要とされる方に有効に活用する窓口です。
そして、この善意銀行は市民の善意を福祉のまちづくりにむすぶ「善意のかけはし」となっているのです。

金銭の寄附

金銭の寄附は、香典返し(忌明志)や善意の日(6月1日)にあわせた寄附のほか、学校や職場での社会貢献活動の一環としてまた、チャリティバザーの収益金を福祉のためにと寄附される方もあります。
平成27年度の善意銀行への寄附状況は、200件の568万8,682円となっています。
なお、善意銀行への寄附金は所得税法上の寄附金控除が受けられます。

物品の寄附

物品の寄附は、自宅にあるタオルや雑巾・石けんなどがあり、これらは必要とする社会福祉施設などに払出しています。
その他、使用しなくなった介護用ベッドや車いすの寄附、また、野菜を寄附される方もあります。
このように、寄附のきっかけは個人によりさまざまです。社協としても本人の意志に沿うよう有意義に活用することをお約束しています。
あなたの善意が養父市の福祉を支えます。どうぞご協力をよろしくお願いします。
※善意銀行の窓口は社協各支部です。

新入学生ランドセルカバー贈呈事業

新入学生入学祝い品ランドセルカバーの贈呈について

新入学生入学祝い品ランドセルカバーの贈呈

養父市善意銀行では、広く市民から寄せられる寄附金を原資として、4月に小学校に入学する新一年生に対して「ランドセルカバー」を贈呈しています。
これは、子どもたちの健全な育成を願い、安全な通学をサポートすることを目的としています。


ベンチ設置事業

養父市善意銀行ベンチ設置事業

ベンチ設置事業

養父市善意銀行では、地域住民が安心安全に腰を下ろして集えるようベンチを購入し、公共施設等に設置しています。
希望される行政区は、毎年決められた期間(8月〜9月ごろ)に募集を行っていますので、広報かけはしまたはホームページをご覧ください。


善意銀行寄附状況

《平成27年度善意銀行寄付状況》

■金銭預託

◎寄附状況

科目 金額 内訳
寄附金収入 5,688,682円 香典返し 134件 4,860,000円
善意の寄附  40件  321,426円
善意の日 3件 48,907円
バザー等収益金 11件 304,349円
福祉機器借用お礼 7件  89,000円
歳末たすけあい指定預託 5件 65,000円
合計 200件
合計 5,688,682円

◎払出状況

区分 寄附金額 内訳
事務費 1,289,336円 線香返し用線香購入代 ほか 100,980円
老人月間ポスター  23,044円
養父市災害ボランティアセンターマニュアル 101,200円
広報「かけはし」印刷代 628,074円
かけはし用図書カード ほか 110,000円
寄付申込書印刷費 86,724円
カレンダー印刷費 238,140円
その他 1,174円
事業費 535,196円 新入学生へランドセルカバー 64,152円
ベンチ・車いす等寄贈物品購入代 356,400円
高齢者保健福祉月間事業 104,400円
その他 10,244円
雑費 259,000円 歳末たすけあいへ 指定預託払い出し 99,000円
災害見舞金 ほか 160,000円
助成金支出 37,000円 手をつなぐ育成会「希望の旅」 25,000円
但馬地区里親会 12,000円
合計 2,120,532円

■物品預託

支部名 寄附件数 内訳
八鹿 70件 下着、靴下、肌着、ハンドクリーム、食器用洗剤、電解水クリーナー、チェーンソー、ハンガー ほか
養父 29件 はがき、衣類、テレフォンカード、タオル、紙おむつ、お米、もち米、墨汁、半紙、尿取りパット ほか
大屋 93件 ほうれん草、大根、しろ菜、じゃがいも、スリッパ、とろみ調整食品、ねまき、 車いす、ねぎ ほか
関宮 47件 キャベツ、玉ねぎ、そうめん、トマト、毛糸、懐中電灯、貼るカイロ、ティッシュぺ^パー、切手 ほか
合計 239件
パージの先頭へ