活動内容

資金貸付事業

「生活福祉資金」「善意銀行社会援護資金」などの資金貸付事業を行っています。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度

他の貸付制度が利用できない低所得世帯や障害者・高齢者世帯の一時的な経済的ニーズに応えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした制度です。
実施主体は、兵庫県社協であり、貸付の決定や資金の交付、償還金の受け入れ等の債権管理を行っています。
養父市社協では、兵庫県社協から委託を受け、申込書の受付や償還業務等の窓口業務を行っています。
※詳細は兵庫県社会福祉協議会ホームページでもご覧いただけます。
生活福祉資金のしおりダウンロード(PDF)


生活福祉資金の種類と貸付条件一覧(資金の種類をクリックすると詳細が表示されます)

資金の種類 資金使途 貸付限度額 貸付利率

福祉資金

低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯が、日常生活を送る上で、又は自立生活に資するために、一時的に必要であると見込まれる費用

580万円以内
※使途(資金の目的)により、目安となる額・期間が定められています。

無利子、ただし連帯保証人を立てない場合は1.5%

教育支援資金

<教育支援費>
低所得世帯に属する者が高等学校、大学(短大及び専修学校を含む)等に就学するのに必要な経費

高校 月額3.5万円以内
短大等 月額6万円以内
大学 月額6.5万円以内

無利子

<就学支度費>
低所得世帯に属する者が高等学校、大学(短大及び専修学校を含む)等への入学に際し必要な経費

50万円以内

無利子

総合支援資金

<生活支援費>
失業者等の低所得世帯で、日常生活全般に困難を抱えている方の生活再建に必要な生活費用

■二人以上の世帯
 月額20万円以内
■単身世帯
 月額15万円以内

無利子、ただし連帯保証人を立てない場合は1.5%

<住宅入居費>
同世帯の住宅の賃貸契約を結ぶための費用

40万円以内

無利子、ただし連帯保証人を立てない場合は1.5%

<一時生活再建費>
同世帯の生活を再建するために、一時的に必要な費用

60万円以内

無利子、ただし連帯保証人を立てない場合は1.5%

緊急小口資金

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける費用

10万円以内

無利子

不動産担保型
生活資金

一定の居住用不動産を有する高齢者世帯に、当該不動産を担保として生活費を貸し付ける資金

不動産土地評価額の7割(月額30万円以内)

年3%、もしくは4月1日時点での長期プライムレートのどちらか低い方

要保護世帯向け
不動産担保型
生活資金

一定の居住用不動産を有する要保護高齢者世帯に、当該不動産を担保として生活費を貸し付ける資金

不動産土地評価額の7割(集合住宅の場合は5割)

年3%、もしくは4月1日時点での長期プライムレートのどちらか低い方

善意銀行社会福祉援護資金

窮迫した理由により緊急出費を必要とし、資金の融資が他から受けることのできない低所得世帯の方に、善意銀行の1,000,000円を原資に、資金を貸し付けています。

貸付の対象

(1)養父市に居住する者
(2)低所得世帯
(3)資金の融資が他から受けることのできない者
(4)自立更正意欲があると認められる者

貸付限度額

100,000円

償還期限

貸付のあった日から12ヶ月以内

利子

無利子

延滞利子

償還期限までに支払わなかったときは、延滞元金につき年10.75パーセントの率をもって、当該償還期限の翌日から支払いの日までの日数により計算した延滞利子を徴収する連帯保証人

連帯保証人

1人
連帯保証人は、養父市内に居住する者で、その世帯の生活の安定に熱意を有する者とする。ただし、市内に適任者がいない場合は、理事長の承認を得て市外の者を保証人にすることができる。

パージの先頭へ